株式投資をするには?

では株式投資をするにはいったいどこで株を買ったらいいのでしょうか?

もちろん野村証券、大和証券といった証券会社で株式を売買することが通常です。

しかし最近では皆さんも1度や2度は聞いたことがあるようにインターネットで株式の売買ができます。

有名なものではE・トレード証券や松井証券といったものがあります。

でも、コンビニやスーパーと違って証券会社にいきなり入って「ソニーの株を買いたいんですが?」といってもなんだかばかにされちゃうみたいで怖いと思うのではないでしょうか?

第1回の講義でもお話しした通りなんとなく証券会社というとお金持ちのおじさんがいっぱいいるというイメージです。

私たちがいきなりおこづかいで株を買うといっても相手にしてもらえないんではないか?そう思うのが当然です。

そういう意味ではインターネットによる株式の売買というのは何の恥ずかしさもなく打ったり買ったりすることができますから初心者にはある意味心配が少ないのかもしれません。

しかも、ホームページを見ることが出来るあなたなら、一般の人はパソコンの使い方から学ばなければなりませんが、その必要はないのですから一歩リードしているともいえます。

しかし、一方で「この会社はいいよ」とか「この会社の株を売った方がいいよ」などといったアドバイスを受けにくいといった不便さもあることも事実です。

そういう意味では、皆さんがそれぞれの状況やそれぞれのニーズによってインターネットによる株式売買か通常の店頭による店頭での株式の購入のどちらかを選ぶといいでしょう。

昨年からは、有価証券の売買に伴う手数料が自由化されましたので証券会社やその売買の仕方によって手数料も変わってきています・・・そうですねえ・・これはあなたがインターネットをはじめるときプロバイダを選ぶのと全く同じものと思ってください。高くても近いほうがいいという人もいれば、絶対値段がやすいほうがいいという人もいるでしょう。

では一体株式投資をするのにはどれくらいのお金が必要なのでしょうか。

新聞の株式欄で株価が書いてありますがその千倍がひとつの単位になっています。

例えば300円の株を買うとすると簡単に言えば30万円が必要になります。

これに、先程申し上げました証券会社に払う手数料これが例えば2,500円とすると合わせて302,500円が必要になります。

しかし、ソニーの株は約25,000円です。

同じ考え方で計算すれば25百万円が必要になってしまいます。

これは普通の方にはとても買うことはできないでしょう。

そこで高い株については百株単位で買うことができる株もあります。またそのほかにミニ株投資といって1,000株舞台ではなくもうすこし少なくした単位で株を売ったり買ったりすることができる投資方法もあります。しかし、当然、手数料の割高感があることと、基本ということで通常の売買単位を前提にお話ししたいと思います。

―余談―

株で儲かるときはどれくらい儲かるのかというと・・

最近では、インターネットに関係した会社や遺伝子技術をもった会社の株が急騰しています。

ソニーの株は99年1月には8000円であったものが32,000円まで上げました。

これは800万円が3200万円になったということです・・すごい。

さらにソフトバンクという会社は6600円から10万円まで上げました。

・・・これは600万円が一年で1億円になったということです・・すごい。

 

      さあ、次はあなたです。がんばって儲けましょう!